オール電化住宅は停電の時、大丈夫?




オール電化への切り替えを検討している方の不安材料に、「もし停電したらどうなるのか?」という問題があるでしょう。

家中のエネルギー源をすべて電気にしてしまうと、停電のときはお手上げになってしまうという不安がありますね。

オール電化の家は、停電になると、確かにお手上げ状態になってしまいます。
 ・調理はできなくなる
 ・暖房機器は使えなくなる


オール電化ではない家は停電になっても大丈夫かといえば、一概にそうとは言えません。

ガスコンロを使用している家庭でも、電池ではなく電源を必要としているものが多くなっています。
電源を必要とするということは、電気を使用しているということです。
停電時には使えませんよ。

給湯にガスを使用していても、お湯を沸かすときにスイッチをつけますね。
スイッチを使用しているガス給湯器は、やはり停電のときには使えないのです。

石油ファンヒーターにも、FAX機能付の電話機にも、コンセントがついています。

…そうなのです!
今や、エネルギー源を電気としていなくても、ほとんどの機器が電力を必要としています。
これらの機器も、停電時には使えないのです。


ということは、オール電化の家でも、そうでない家でも、停電時にはお手上げになります。

停電になってしまっても、大概は大丈夫なものです。
電気の復旧の速さは、過去のデータが証明しています。
大変な被害をもたらした『阪神淡路大震災』のとき、ガスや水道に比べ、いち早く復旧したのは 電気 でした。
記憶に新しい『新潟中越地震』のときも、電気復旧の速さは圧倒的でした。

そう考えると、オール電化住宅のほうが、災害時には有利なのかもしれません。
もっと知りたい⇒環境問題ブログランキング


オール電化と太陽光発電で光熱費ゼロ?




光熱費は全国民の関心事ですね。

今年はまさに、石油価格高騰の一年。
ガソリンや灯油だけではなく、カップラーメンや食パンなど、思わぬものまで原油高の影響を受け続けています。

原油高の原因には因果関係があるので、一概には言えません。
しかし、「石油は限りある資源である」というのがその一因です。

そんな中、無限の資源であり、かつ環境に無害な『太陽エネルギー』への注目が高まっています。
生活に直接かかわってくる太陽エネルギーに、『太陽光発電』がありますね。
もし、生活電力のすべてを太陽光発電でまかなえれば、これほど地球に優しい生活はないでしょう。


しかし、太陽光発電システムを導入するには、設備投資が必要です。
「地球のためなら財を惜しまない」と損得考えずに投資できる人は極わずかです。
実際問題、投資に見合った見返りはあるのでしょうか?
それがなければ、なかなか導入には踏み切れません。


とある住宅メーカーが、「光熱費ゼロ住宅」を前面に売り出しています。
もしそれが現実的なものになれば、まさに地球にもお財布にもやさしい暮らしが実現します。

太陽光発電システムを導入した場合、自家発電をして使い切らずに余った電力は売ります。
足りない電力は買います。
電力を売り買いする相手は、電力会社です。

太陽の照っている昼間は、文字通り「売るほど」の電気が発電されます。
それで、使わなかった分はの電力は売ります。
逆に、夜は自家発電ができないので、夜使う分の電気は電力会社から買います。

この売り買いのバランスが、損得の鍵を握っているわけです。


そこでものを言うのが『オール電化住宅』です。
オール電化にすると、電気料金そのものが一番お得なプランになります。
オール電化にして給湯システムをエコキュートにすると、もっとお得です。
かなりお得な深夜料金の時間帯にお湯を沸かしておき、さらに電気料金の引き下げになるわけです。
オール電化にすると、買う分の電気料金を抑えられます。
よりお財布にやさしくなりますね。


オール電化 + 太陽光発電 + エコキュート の生活は、無害なエネルギーの自給自足となります。
その結果、地球によりやさしい生活が送れそうです。
もっと知りたい⇒環境問題ブログランキング


オール電化マンションはお得がいっぱい




オール電化住宅は、『一戸建て』だけだと思っていませんか?


これから新居を探そうというときには、まずはじめに『戸建て』にするか、『マンション』にするかの選択をする方がほとんどでしょう。

戸建てを選択した場合には、ある程度自分の希望を盛り込んだ設計を望むことができます。

マンションを選択した場合でも、立地や間取りなどは希望に沿ったものを選べます。
しかし、設備面はどうでしょうか。
すでに用意されているものを受け入れるしかありませんね。


オール電化システムはかなり広まっている昨今ですが、マンションを選択した場合にはオール電化をあきらめざるを得ないというのが現実でした。

そんな悔しい思いをしたマンション居住者の声を反映させ、最近増えているのが『オール電化マンション』です。
一棟すべてのエネルギー源が、オール電化になっているマンションなのです。

「マンション物件を探している方の約8割がオール電化を希望している」というデータもあります。
『マンション』かつ『オール電化』を求めている声は、かなり多いのです。


オール電化マンションは普通のマンションよりも建築費が高そう」というイメージがあります。

しかし、実際にはさほど変わりません。
オール電化マンションだからといって、販売価格が電気とガス併用型のマンションに比べて跳ね上がるということはないのです。

オール電化マンションを選択すると、うれしい特典がついてきます。
オール電化住宅では火を使わないので、火災が起こる可能性が格段に減ります。
そこが考慮されて、各保険会社では、掛け金が割安になる「電化住宅専用火災保険」を設けています。

マンションという大きな買い物をした方は、何かと出費を抑えたいはずです。
これは朗報といえますよね。


今まで、「うちはマンションを希望しているから…」と、オール電化をあきらめていた方も多かったでしょう。

これから物件をお探しの方は、ぜひ『オール電化マンション』で検索してみてくださいね。
もっと知りたい⇒環境問題ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。